ganeshagiri

アクセスカウンタ

zoom RSS ブータン幻想紀行6

<<   作成日時 : 2010/07/26 10:56   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

成瀬師のツアーでは「倍音声明」をよくやります。

倍音声明というのは、チベット仏教の瞑想法の1つで、
(通常は複数人で)母音を発音し続けるものです。

今まで、インドツアーでも様々な場所でやっており、
私もツアーに参加した時は楽しみにしています。

日本では、かつては大船の「田谷の洞窟」でメインにやっておりましたが、
崩落の危険がでてきたため、
現在は、桐島ローランドさんのスタジオをお借りして定期的に、
実践しています。

私も時間がとれる時はスタッフとして参加させていただきます。

この倍音声明の威力は物凄く、
かつてインドの「タージマハル」でおこなったときは、
建物内で響くはずの他の人たちの声が、まったく響かなくなるという現象がおきました。


ブータンでも、寺院やゾンの中でやらせていただきました。
画像


「パロゾン」だったと思いますが、「倍音声明をやらせてください。」とお願いしたところ、
通されたのは、狭くお世辞にもきれいとは言えない部屋でした。

私たちはそこで倍音声明を実践したわけですが、
終わると、(おそらく高位の)僧が、「こちらにどうぞ。」と案内してくれました。

そこはおそらくパロゾンで一番良い部屋で、普段法要などをやるところだと思います。

その部屋でもう一度倍音声明をおやりくださいということだったのです。

「食事中なものだったので・・。」と僧は言っていましたが、
おそらく最初は、
外国人が、このような高いレベルの倍音声明をやるとは思っていなかったのが、
本当のところだと思います。

聞いているうちに、「これは良い部屋でやってもらわなくてはもったいない」と
思ったのかもしれません

ただ、最初にきれいでない部屋に通されたのは、彼らが親切でなかったからとは思っていません。
いきなり見も知らぬ外国人の集団が来て、「声明をやらせてくれ」と言われたら、おそらくそうするのが普通でしょう。
むしろ、入らせてくれたのはとても親切だったからだと思います。


ともあれ、良い部屋で素晴らしい倍音声明を実践できたのはラッキーでした





今回はブログが短くてすみません

次回はいよいよタクツァン僧院にむかいます。

倍音声明の実践が、物凄い体験の引き金になります。

乞うご期待






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブータン幻想紀行6 ganeshagiri/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる