ganeshagiri

アクセスカウンタ

zoom RSS マハー・クンブ・メーラー体験記7(最終回)

<<   作成日時 : 2010/10/11 11:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

               宿泊させていただいた「アバハン・ナガル」の中


一瞬目の前に水が広がりました。
ガンジス川の中に落ちたのです。

無意識にカメラを持った手を上にあげていました。
カメラを濡らさないようにしたのかもしれません。

おそらく右手以外の体はすべて水没したようです。



あとで聞いた話ですが、その場所は最も聖なる場所サンガム(合流点)のすぐ近くで、
もはやサンガムであると言ってもいい場所でした。

毎回クンブメーラーでは、沐浴時に何人もの人が、川にながされ亡くなります。

聖なる日に聖なる場所で沐浴すれば解脱(輪廻の輪からの解放)できると信じているインド人にとって、
その場所で人生を終えることは、最高の喜びなのです。

流されていく人たちは皆、至福の表情をしているといいます。

私もそのような人たちの仲間入りをするところでした・・。



たくさんの手が私の右腕を掴むのがわかりました。

次の瞬間、私は岸に引き揚げられていました。


溺れた私を見た、たくさんのインド人達(巡礼者)が私を引き上げてくれたのです。

一瞬意識が飛んでボーッとしていたため、
彼らにお礼を言うのを忘れてしまったのですが、
彼らは私の無事を確認すると、一瞬だけ笑顔を見せ、
何事もなかったかのようにサンガムの中心に向かって歩いていってしまいました。

インド人の本質的な優しさに触れた思いでした。

命を助けてくれた彼らに心より感謝したいです




結局ウッタムさんたちは、溺れた私には気付かず、先に行ってしまいました。
そして、サンガムの中心にたどりつけずに戻ってきました。


テントに戻って、成瀬師に体験したことを報告しました。
師はにこっと笑って「良い体験をしたね。」とおっしゃってくださいました。




その日の午後、アーカーシャ・ギリ(成瀬師)がクンブメーラーに来ていることを
知らせるチラシを配りに、会場内の大通りに向かいました。

成瀬師の写真を胴の前後に張り付けた「サンドイッチマン」(古い)のような格好でしたが、
好奇心の強いインド人たちが集まってきて、あっという間にチラシはなくなってしまいました。

ちなみに、このときチラシを受け取ったひとりが、今でも成瀬師の熱心な信者で、ヒマラヤまで毎年
成瀬師を訪ねてきていた、コルカタ(カルカッタ)のベンガル人チョードリー氏です。


チラシを配り終わっての帰り道、ふと顔を上げると太陽の光が体を貫いた気がしました。
同時に体内の余分な力が全て抜け、脊髄を何かが駆け上がる感覚がありました。

その瞬間、世界のすべての動きが停まり、静寂に包まれました。
至福に包まれた私はそこに立ちつくしました。

たぶん、一種の神秘体験のようなものなのでしょう。


その体験が、ガンジス川で溺れたことと関係があるのは明らかでした・・・・。


画像

         帰りに立ち寄ったヴァーラーナスィー(ベナレス)の朝日


2004年にインド占星術の第一人者KNラオ師にお会いした時、

私のラーシ・クンダリー(出生図)を見た師から
「2001年1月に特別な体験をしているか?」と聞かれました。

クンブメーラーのことを思い出し「はい。」と答えると、

ラオ師は威厳に満ちた顔を少しだけ緩ませ、
「来世は良い転生(生まれ変わり)をするじゃろう。」
とおっしゃいました。

聖なる日に聖なる場所で沐浴すれば解脱できるかは、人によるでしょうが、
良い転生ができるのは本当らしいなと思いました。

しかも、その兆候がラーシ・クンダリーに出ていたというのも驚きでした。



私はわずか数日でクンブメーラーから帰りましたが、
成瀬師と兄弟子・姉弟子は1ヶ月近くそこにとどまりました。

私などは足元に及ばない修行をされたのだと思います。



マハー・クンブ・メーラーのことは生涯忘れないでしょう。

終わり


次回は、1994年に仕事でアメリカのオレゴン州に1ヶ月滞在したときのことを書きます。
インドではありませんが、とてもスピリチュアルで映画のストーリーのような強烈な体験をしました。
また、当時ヨーガ歴が浅かった私が、成瀬師直伝の「クリヤー・プラーナヤーマ」をマスターしたのもこの旅でした。

ネイティブ・アメリカン(インディアン)の魂に触れた、そして輪廻転生を確信したこの旅の話、
よかったら読んでください。



※アメーバーブログも始めました。
 ライトな内容の短文を中心にしたいと思います。
こちらもよかったら読んでください

http://ameblo.jp/ganeshagiri/













月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アメブロも見させていただきました。

マハー・クンブ・メーラ大変そうでしたね。
わたしは遠慮して良かった。

今年はなんとゴームク行けなかったんですね。
ソロン
2010/10/12 06:05
ソロン様
ありがとうございます
今年は参加した方々、ゴームクにたどりつけなかったみたいです
私は今年は参加できなかったのですが・・
ガネーシャ・ギリ
2010/10/12 09:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
マハー・クンブ・メーラー体験記7(最終回) ganeshagiri/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる