オレゴン転生紀行3

どのくらい寝たでしょう? 突然目が覚めました。 物凄い腹痛がしていました。 あわててトイレに駆け込みました。 トイレ(「大」の方)が終わって、水を流そうとしてふと腰を上げると、 便器の内部が真っ赤に染まっていることに気づきました。 血です 凄くショックを受けましたが、体には何の異常も感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オレゴン転生紀行2

空港からはタクシーを探して「オレゴン・キャンパス」に向かう予定でした。 「オレゴン・キャンパス」は首都ポートランドの隣、オレゴンシティにあるのです。 空港の出口で日本人の男性に声をかけられました。 写真で拝見したことのある桧山氏(仮名)でした。 桧山氏はオレゴンキャンパスの校長でした。 某国民的長寿ドラマ出演の有名女優…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オレゴン転生紀行1

さて、今回から予告通り、1994年にアメリカ・オレゴン州に1ヶ月ほど滞在したときのことを書いていきます。 当時28歳だった私は、この旅で輪廻転生を確信しました。 秋のオレゴンは、心が震えるほど美しく、輪廻転生の思い出とともに私の記憶に深く刻みこまれました・・。 1990年から1998年まで、 私は当時テレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マハー・クンブ・メーラー体験記7(最終回)

               宿泊させていただいた「アバハン・ナガル」の中 一瞬目の前に水が広がりました。 ガンジス川の中に落ちたのです。 無意識にカメラを持った手を上にあげていました。 カメラを濡らさないようにしたのかもしれません。 おそらく右手以外の体はすべて水没したようです。 あとで聞い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マハー・クンブ・メーラー体験記6

3日目(2001年1月24日)は、朝から不思議な雰囲気でした。                      24日の朝、祭壇の前で プラヤーグ・ギリに会うと、「今日はモウナの日だ。」と言いました。 「モウナ」と「沈黙の行」(あるいはそれを実践する人)のことです。 沈黙の日なのに、プラヤーグ・ギリが「今日はモウナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more