マハー・クンブ・メーラー体験記1

今日から2001年に、インドのアラハバードで開催された「マハー・クンブ・メーラー」に 参加したときのことを書いていきます。 クンブ・メーラー(壺祭り)というのは、修行者の祭りです。 ヒンドゥー教の神話によれば、大昔、神々と魔族が天界でアムリタ(不死の霊薬)の入った壺を奪い合い、 その中身の霊薬が4滴地上にこぼれ落ち、その落ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブータン幻想紀行・番外編

ブータンから帰国したあと、成瀬師はクンダリニー技法の公開を決意され、 「クンダリニー・ヨーガ」の執筆を始められました。 私たちもタクツァン僧院での出来事をそれぞれ記録に残すよう指示を受けました。 また、その時の出来事を皆で話しあい、録音に残しました。 「クンダリニー・ヨーガ」の序輪「天界のクンダリニー」に出て…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ブータン幻想紀行9(最終回)

信じられないような体験が終わり、皆、堂の外に出てきました。 頭は信じられない位混乱していましたが、ともかく下山の準備を始めました。 何人かが降り始めたとき、成瀬師が我々に声をかけました。 それは、本当に身近にいた弟子たちに「ここに残りなさい。」という指示だったのですが、 私はそれがわかっていたにも関わらず、ある事…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ブータン幻想紀行8

休憩所(展望台)からは、もうタクツァン僧院がはっきり見えました。 食事休憩中に、外は冷たい雨が降り出しています。 暑い南アジアとはいえ、ここは東ヒマラヤの3000メートルの高地です。 ここから先は道も険しくなるので、体力に自信のない方は休憩所で待つことになりました。 私はここまで来たのだから、もちろん行くつも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブータン幻想紀行7

いよいよこの旅のメインである「タクツァン僧院」へ行く日が来ました。 8世紀に創建されたこの寺院は、山の中腹にあり、その標高は3000メートルを超えます。 かつてパドマ・サンババ(グル・リンポチェ・・チベットに仏教を伝えたインド人)が、 ここを訪れ修行したと伝えられる場所です。 パドマ・サンババは有名な「バルド・トドル(チ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more